2005年11月16日

眠らないケダモノ





榊原連太郎:櫻井孝宏
村瀬一明:森川智之
秀華・ハミルトン:緑川 光
李徳文:成田 剣


管理人的萌え度【★★★☆☆】



本人はいたって普通の大学生・榊原連太郎。しかし、彼の恋人・村瀬一明は、超ハンサムで腕利きだけど、人の苦悶する表情が大好きなサディスト歯科医…と、ちっとも普通じゃないっ!? おまけに彼の実家は、香港屈指の大物マフィア『龍牙』。そこからまたまた事件は始まった! 
一明の従兄弟・秀華の涙に誘われるように、香港へと旅立った連太郎&一明。そんな彼らを待ち受ける敵は、とんでもない黒幕がちらつく大物で――?
今回も“ケダモノ”の本領が思う存分発揮されるっ!!
(リーフHP紹介文より)


多分「蜜月のケダモノ」のフリートークで森川さんの言っていた「今回は雰囲気が違う(うろ)」の元は、コレなのかしら?
相変わらず変な聴き方をしていて「ケダモノと呼ばれる男」がまだ未聴なのでこのCD一枚で、というわけではないでしょうが。
ラブラブ〜、なだけでなく(まあ、根底はそこですが)カーチェイスらしきものもあったり(まあ、所詮BLなので”らしき”という程度ですが)していたので、そういう点では今までの「一明がマフィアの跡取りだからこそ起こる事件」よりもスケールが大きくて、現在進行で行われているので(このシリーズが一明と連太郎が出来上がって1年近い、というところから始まっているからなのか、連太郎のモノローグとして「過去、こういうことがあった」という説明が多いんですよね。そこはちょっとねぇ・・・というところなんですが)わかりやすかったし、面白かった。

光さんが可愛かったわー。
成田さんが普通にカッコイイんだよねぇ・・・(普通じゃ駄目なのか)
この李×秀華もいいんだよねぇ・・・・・。
まだ × で繋いではいけないトコですが(笑)

森川さんは相変わらず余裕綽々で連太郎をいじめるのを楽しんでる風が良いねー。
櫻井くんは可愛いし(結局そこか)

森川×櫻井な絡みは3回?ありましたがそのうちの1回は帝王も初、の水中(プールで)でございました。
水音がばしゃばしゃ言ってるくらいで、普段の絡みとそう変わりは無かったように思いますが。
ま、フリートークでその話に及んだときの成田さんが、ね(苦笑)

ケダモノシリーズの中で、一番普通に面白かったです。
もちろん、BLという要素があってこその内容であり、その上での「面白かった」ではあるのですが、ケダモノシリーズの中で一番好き。
なんだかこのCDで初めて、一明がマフィアの後継者である、という点がクローズアップされておりました。

今回、成田さんのやっている李が海にだいぶ、というシーンがあるのですが「昨日もダイブを見せた」とか言ってらっしゃいましたので思い当たるフシとしては「おまえらのためだろ! 鯖」翌日の収録だったのかな?なんて思って聴いておりました(事実関係を確認するのは面倒だからしてません)

今回も司会だった成田さん。
もう、この方はホント凄いよね(笑)

まあ、今回の成田さん的名言は

女もケダモノになったっていいんだぞ

でしょうか(笑)
後は、BLCDは一応、誰でも買えますので(笑)
普通のCDショップにだって置いてありますよ、成田さん(笑)

posted by かつき at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・な行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9412313

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。