2005年09月16日

FF7AC 2回目。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様)


諸事情により(笑)2度目を見る。
(諸事情により、あと2〜3回見なければなりません)(全然苦じゃないからいいけど)

1回目はFF7という世界観を追うのに必死だったのねぇ。
2回目は世界観がわかったからなのか、面白かったです。
セフィロスの台詞が「・・・・・・ちょっとBLはいってるかも・・・・・・もりもりだし・・・・・・」と、純粋にFF7好きな人に後ろからさくっと刺されそうなことも思ってみたり。
相変わらずセフィロスが出ると「来た!」とか思うし(笑)
前回は「ティファがもう一押し」とか言ってましたが、個人的に一個だけねぇ、クラウドの「この言い回しあんまり好きじゃない・・・・・」と、櫻井孝宏全肯定の私がちょっと「うーん?」と思った台詞もあったり。
祥ちゃんもいい仕事してるよねぇ・・・・・・絶品だわー・・・・・・。
やっぱり鈴は台詞少ないけどいいわ・・・・・・私のストライクゾーンだわー・・・・・・と思いながら、どちらかというと声中心でようやく見られた、って感じかなぁ。

見れば見るほど味が出る。
まるでするめです(待て)

posted by かつき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

FF7
Excerpt: マリンの父親だが、とある事情で会えないでいる。左手が銃となっている。 ゴールドソーサー園長。いつも上半身裸で歩き回っている。 シドと共にFF7『ファイナルファンタジーVII』(FINALFANTASY..
Weblog: [FF7]とは
Tracked: 2005-09-23 21:29

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。