2005年09月15日

「CDドラマコレクションズ 金色のコルダ 〜目覚めのカノン〜」

CDドラマコレクションズ 金色のコルダ 〜目覚めのカノン〜
金色のコルダ CDドラマ 新シリーズ(1)


画像がないですが、いつかアマゾンが画像をアップしてくれることを期待(笑)


火原和樹・・・森田成一
柚木梓馬・・・岸尾大輔
月森蓮 ・・・谷山紀章
志水桂一・・・福山潤
土浦梁太郎・・・伊藤健太郎
金澤紘人・・・石川英郎
王崎信武・・・小西克幸 他


3年生チーム火原と柚木メインのドラマCD。
自分のトランペットがなんだか変だ、と悩む火原がいろんな人に意見を聞いてみたり、考えて見たりして原因を探るドラマが1本。
柚木がこのところイライラしていて、その理由がおのずと知れてきてなーんだ、というドラマが1本(・・・・・・ホントにこの説明で大丈夫か、自分)
その2本をメインに、他のキャラが少しずつからんでくる、という内容です。


火原は、何であんなに擬音語が多いか(笑)
「すかすか〜」とか「パカパカ〜」とか。
明るくて友人が多い火原らしく、声をかけられるのは男の普通の友人ばかり。
占い同好会なんて人もいた(笑)

結局、日野ちゃん(主人公。ゲーム内での、プレイヤーの分身)のヴァイオリンの音を聞いて、その「すかすか〜」が埋まっちゃったよ!みたいな?

そして、対する柚木さま。
ブラック光臨(笑)
こちらは声をかけてくるのは「柚木さま」「柚木さま」な女子ばかりです。

期待にこたえるのは当然の義務だと思っていて、外面が非常にいい柚木。
セレクションが近いのに練習に集中できないし、でもどうせ自分はいつか音楽を諦めなければならないし、という葛藤を抱えて一人イライラしている。
それをほぐしてくれたのが、日野ちゃんのヴァイオリンで、キャラ全員が捜索に借り出された迷子の子犬ちゃん、みたいな。


わかり辛いですね・・・・・・・。

とりあえず一番良かったのが、志水っちの
「日野先輩の音から逃れられなくて・・・・・・だから、探しに行くんです」
という台詞(台詞微妙です)
火原編も、柚木編も、この志水っちの台詞がキーになっておりますな。
そのせいなのかなんなのか「探しに行くんです」という一言に、とんでもなく愛情がこもってるんですわ。
しかも、本人(キャラのね)の自覚がないままに。
この台詞だけ、何回も聞いちゃったし(笑)

私のコルダ一番好きキャラが志水っちなので、贔屓目もあるかも。
しかも中の人(笑)が、某セイントビーストなDJCDで「チェロをやってみたいと思っている」と発言してから「この子は本当にいい子だ。先が長いであろうネオロマのことをちゃんと考えている」とちょっと騙され気味なので(待て)余計に気に入ってしまったのかもしれませんが。

で、他の方々は本当に台詞が数行、というすばらしく贅沢な作り方でした。
さすがネオロマ(何)

それにしても、トークはあんなのでいいのか。
岸尾くん、ゆる〜い感じだし!!(笑)
途中でぶった切られてるし!
後編を聞くために、気まぐれフーガ(9/21発売の次のドラマCD)を買え、ということですか!

完全に「金色のコルダ」というゲームをクリアした人にしかわかりませんが、わかる人には非常に楽しいドラマCDでございました。





posted by かつき at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマCD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6964212

この記事へのトラックバック

金色のコルダ〜目覚めのカノン〜
Excerpt: 金色のコルダ CDドラマ 新シリーズ(1) CV:森田成一/岸尾大輔/谷山紀章/伊藤健太郎/福山潤/佐藤朱/増田ゆき/石川英郎/小西克幸/水橋かおり/小林由美子/他 火原先輩と柚木先輩メイ..
Weblog: Love☆Voice
Tracked: 2005-09-22 22:58

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。