2005年09月08日

「虜にさせるキスをしよう」

RUBY CDコレクション 虜にさせるキスをしよう


杉崎藤也 / 鈴村健一
芹沢将臣 / 諏訪部順一
神山恵美花 / 永島由子
南田 / 河本邦弘
遠山さゆり / 今井麻美
智 / 新垣樽助
チンピラ / 小野大輔
メイク / 細野雅代
スタッフ / 木川絵理子


叔母の強引な頼みで、付き人のバイトをすることになった高校3年生・卒業間近の藤也。
バイトが始まる前日の自由な時間で出かけた先で、3人の男に絡まれている美形の男を見つける。
「喧嘩慣れしてなさそう」という理由でその男を助けた藤也は成り行きでその男・将臣の超豪華マンションへ。
そこで泥酔し将臣においしくいただかれてしまった藤也。
此処で黙って逃げれば二度と会うことはないだろう、と思っていた藤也の前に現れたトップモデル・ショウは、前日に藤也を襲った(?)将臣だった。
付きまとうストーカーから将臣を護るために10日間という期限付きでバイトを始めた藤也だったが・・・・・・。




テニプリの跡部のイメージが強烈過ぎて、私の想像する「諏訪部順一の声」というのは、こういう倣岸不遜な役です。
(だからこそ「Switch」の比企さんをやってた諏訪部さんにちょっと驚いて、惚れました/笑)
その諏訪部さん演じる将臣が、当初の高飛車で不遜な態度からだんだん藤也のことで苛ついたり、慌てる変化が良いですなぁ。
いい声だ・・・・・・。

高校生でちょっとうっかり・正義感強い役なら、鈴はこんな感じ。
でも、ちょっとだけ甘えっぷり抑え目かな。
最初においしくいただかれ、後々は半ば仕事のためとはいえまたおいしくいただかれ、しかも「気持ちよかったし」とか言っちゃうキャラなせいか、(鈴の声が)何につけてもあっさりしてた感あり。
乙女でもなく、普通のホモに理解のあるオトコノコ的な(笑)

話の流れ的にはすらすらと進んだ感あり。
絡みもそう濃くなかったし(BL聞きすぎで麻痺してるかもしれないので、あんまりあてになりません)

オマケの小話がありがちな展開だったのですが、諏訪部さんの笑いを含んだ色気のある声が素敵でした・・・・・・。
コノCDの中に出演している全ての人の多くの声の中で、諏訪部さんの最後の台詞が一番良かったです・・・・・・(笑)

posted by かつき at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6714340

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。