2005年09月01日

「悪魔の論理学2」





杵島大志  / 鈴村健一
柏木瞳一郎  / 遊佐浩二
久我美想平  / 保志総一郎
伊集院  / 置鮎龍太郎
音羽  / 松野太紀    他


管理人的萌え度【★★★★★】

「柏木瞳一郎くんをお預かりしています」
そう言い、杵島大志の前に現れた「音羽」と名のる少年。
彼に連れられていった先で大志を待ち構えていたのは、秀明館生徒会長・伊集院を筆頭とする『互助会』運営委員のメンバーと、瞳一郎たち高徳生徒会役員だった。伊集院は大志を人質に取り、瞳一郎にゲームへの参加を仄めかす。
「互助会」運営委員の加入を賭けた壮大な「鬼ごっこ」がスタートする!!
「悪魔の論理学 -芽が発る-」。



一度書いたのに、エラーで消えた・・・・・・・(泣)

「ホモ嫌い!人類の敵!」とか言っていた大志(鈴)が、なにやらおかしい。
想平と槇との話を聞いてもきゃんきゃん喚かない。
自分自身でも何でか理由がわからずに考えてるところがまた可愛い。
で、↑のあらすじどおり、まんまとわなに引っかかって鬼ごっこをする羽目に陥る瞳一郎と大志(わなに引っかかったのは大志)
「俺の側から絶対に離れるなよ」と言って、瞳一郎は大志と逃げることに。
その最中にまた、いい台詞いっぱいあるんだよ、遊佐さん!
逃走中にしんみりと大志の顔の話になって「綺麗だよ」と言ってみたり「他のヤツはどうだっていいから、逃げろ」と声を荒げたり「絶対にお前とだけはキスしない」と前作で言い切ったのに、大志にキスして「逃げろ」と囁いてみたり。

これはもう、遊佐さん好きが萌え転がるはずだわ・・・・・・。
私もちょっときゅうん、となりました(笑)

瞳一郎を逃がすために囮になって捕まる大志は、身を投げ打ってもあなたは助けるわー!的な感じ。可愛い。
きゃんきゃん喚いてる大志が瞳一郎のために怒るのがまたよし。

最終的には瞳一郎の策略で鬼ごっこに勝って、互助会運営委員の仲間入りをすることになるんですが、そのことについて話があるから残れ、と伊集院に言われた瞳一郎があっさりと背を向けたことに怒りながらも瞳一郎の家の前で待っている大志が可愛いこと。
私の中では門にもたれて膝抱えている大志の図が(笑)
帰ってきて、家の前で待っている大志を見つけてふっと息を抜いたようなかすかな笑いを漏らす瞳一郎。コレ好きだー。
瞳一郎の首筋にキスマークを見つけて「俺にもさせろ」と言いながらベッドに押し倒したは良いが、結局大志はひっくり返されて瞳一郎に上手く丸め込まれておいしくいただかれることに。
何でこう、おばかちゃんな声は鈴って上手いんだろうね・・・(笑)

そしてまあ、最中に、瞳一郎が普段の人を小ばかにするのとはまったく違う優しげな声音で痛がる大志をあやすわけですよ。

あっはっはー、慣れてんなぁ、瞳一郎。

と思ったのは私だけか。
あやす言葉よりも「溺れそうだ」にガツン、とやられてみました。

遊佐さん・・・・・・!(以下略)

翌朝の「もじもじするな、気色悪い」とか、更に翌朝の「コイツ、やられ役だから」とか「淫乱だから」とか。
瞳一郎さん、素敵だわ。
まあ、悪い虫がつかないようにしているようにしか聞こえませんでしたが。

いやー、良かった。
前回の「寸止め(by遊佐さん)」がようやくすっきりしました(笑)
文句なしで★5つ。
コレ大好きで、もう何回も聞いちゃったもんなぁ(笑)

原作はまだ続きがあるんだよね?(探してるんだけど見つからなくて、まだ読んでない・・・)
続き聞きたいなぁ。
えー、鈴村さん、関西弁頑張ってください。
(前作は野島先生、今作は置鮎先生が関西弁特別講師だったらしいですよ/笑)




最近、遊佐さん株が大暴騰中ですよ。
(でもって、遊佐鈴村コンビがかーなり好き。櫻井鈴村コンビと同等くらいになってきてますよ)
遊佐さんの、フリートークとかのちょっと力の抜けてへにゃ、としたしゃべり、好きだなー。


posted by かつき at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6463055

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。