2010年08月18日

ひとり占めセオリー

若宮:神谷浩史
高尾:安元洋貴
立花:鈴村健一
佐倉:鳥海浩輔
西岡:平川大輔 他

評価【★★★★☆】

 
俺のツボを押しまくる顔の高尾と、好みの顔で甘味友達の西岡先生に囲まれた大学生活、万歳!と思ってた。
俺は好みの顔を見られれば満足だったはずなのに…。
どうして高尾を取られたくないって思うんだろう。ひとり占めしたい=好き、ってこと?

高尾×若宮と佐倉×立花の大学生カップルの、独占欲シリーズv
雨に濡れた若宮と高尾のvvvな「雨天決行ルール」も収録!



安元×神谷、バンザイ。

この作品、神谷くんも安元くんも好きだー・・・・・。

高校時代からの友人で、好みの顔をしている高尾と、もう一人の好みの顔である西岡が仲が良いことで、ようやく自分が高尾を好きなんだと気づく若宮。
その過程も良いんだが、その後の「ヤリたい盛りのはずなのに、何で手ぇ出してこないんだ!?」とぐるぐるする若宮@神谷くんが可愛くてたまらん。
絡みのトコは「さすがです」と思いますし(笑)

若宮の気持ちをわかっていながら、わざと黙ってる腹黒いわりに、きもーち天然も入ってる?高尾@安元くんの、おだやかーな感情の起伏をさほど出さない演技も好き。

つーか、このキャラ2人自体+神谷くんと安元くんの演技が見事に私のツボだった、と。


もう1カップルの佐倉×立花。
2カップルともなんですが、受けっ子は受けっ子、攻めは攻めでどことなくキャラが似てるような気が。
若宮をやんちゃにしたら立花になって、高尾の黒さを差し引くと佐倉になってるような(笑)
(原作未読でドラマCDしか聞いてない)

長い間友人で(4人も友人なんだが)、あるきっかけで受けが攻めの事を好きだと気づく(攻めは前から受けが好き)っていうストーリーの流れはほぼ同じなので、その辺は若干新鮮味にかけるかしら、と思ってみたり。

作品はみちづれポリシーを聞きたいがために聞いたんですが、2カップルの話がそれぞれ入っている、という割りに、予想外に評価は高め(私の好みとして、出来ればCD1枚で1カップリグの話をじっくり聞きたいので)


収録日がお誕生日だったらしい平川くん。
他キャストに「めでたい日」だといわれ続け、結局最後に自分でネタばらしという、ある種の羞恥&放置プレイだったわけですが(笑)
「この柔らかそうなキャラで次作は攻めですかー」と、聞きながらほくそえむ。
時間的には遡ってるっぽいですが、みちづれポリシーを聞くの、楽しみになったなー。


にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村
よろしければ、ご贔屓に。


ひとり占めセオリーひとり占めセオリー
イメージ・アルバム 神谷浩史 安元洋貴 鈴村健一 鳥海浩輔 平川大輔 吉開清人 沼倉愛美

リブレ出版 2009-07-29
売り上げランキング : 7899
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





posted by かつき at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。