2010年07月23日

15センチメートル未満の恋

雪見有一:野島健児
木野 円:三宅健太  他

評価【★★★☆☆】




これは夢に違いない――。
階段から落ちたことがきっかけで身体が12分の1サイズになってしまった雪見。
一人では生活も仕事もままならず、その場に居合わせた美大時代の同級生・伏木野の作ったドールハウスで暮らすことになる。
伏木野の作るハウスも彼本人も大嫌いな雪見だったが、何を考えているかわからない伏木野に不器用に世話を焼かれるうち……?



結局は、夢オチ?
その夢の中で(2人で同時に階段から落ちて、同じ夢を見たまま眠ってた、ってことなんだが)15センチになった雪見に、円が手を出しちゃうトコがあるんですが。

そこが私的にはダメでした・・・・・・。
2人の演技云々じゃなくて、ストーリーの流れとしてというか、何でもアリなBLでも、ダメな部類だったりとか。

野島健児くんは大好きなので、その辺りで相殺の★3つかなー。







posted by かつき at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。