2010年07月12日

目を閉じて3秒

知花マナブ:野島健児
梶ヒロト:前野智昭
知花美未:鈴木千尋  他

評価【★★★★☆】

 



知花マナブは、自分だけの気持ちを抑制する方法を持っていた。
目を閉じて、3秒数えるだけ。
そんなマナブでも、幼馴染み・ヒロトへの想いは抑えきれなくて……──。

幼馴染み二人の、すれ違いラブストーリー。




幼馴染でお互い好きだったのに言いだせず、家の事情で互いの気持ちを確認できないまま別れて数年、再会して気持ちをちゃんと確かめあって、出来上がりました、って感じですかね。



カップリング的なものは、ヒロト×知花、なんだろうか?
どっちが受けで攻めで、的なことはやってません(入れてないってだけでやるこたやってる)(ただ、声の高低でそうなるのかね?的な)

前半が知花視点・後半がヒロト視点となっております。
前野くんが、私の中ではもうちょい低めな声、のイメージがありまして(図書館戦争だとか、vitaminZだとか)高校生っつーことで少々あどけないと言いますか、幼めの演技だったのが新鮮。
ヒロト視点のところでの、そわそわ感といいますか、落ち着きのなさが非常に良かったですなぁ。
泣きに泣くところとか、あとは・・・・・絡みのトコも結構喘いでましたが。
うん、受けもいける、かな?(前野くんのBL初聞き)

野島健児くんはですね、私好みの受け演技をされる方のお一人のため、まあ、無条件に「好き」なんですが(笑)
ご飯を食べるシーンがあったのですが、そこがもう、可愛すぎる・・・・・・。
ヒロトからも「かわいい」っていう台詞が出るシーン。
ほんっと、可愛すぎました・・・・・・。
自分の気持ちを隠してるとこの若干おどおどしてるとこと、気持ちを確認したあとの、ほんわかとした幸せそうなトコが◎

千尋くんが、知花@野島健児くんのパパなんだけど、ママ。
「パパ、女になるわ!」って、ママになっちゃった人(笑)
しかし、出番少ないんだよなー・・・・・・千尋くんの意味があったのかどうか。
フリトではパパの若いころの話もある、かも?的なことになってたので、それを見越してのキャスティングなんだろうか・・・・・。


ガッツリ恋愛、って感じではないんですよ。
なんだか、青春だなー・・・なんて思って、ほんわかした作品です。





posted by かつき at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。