2010年03月07日

きみがいるなら世界の果てでも

東海林:小西克幸
二木:福山 潤
甘利:三木眞一郎
椎名:吉野裕行
藤野:立花慎之介
黒田:黒田崇矢
野迫川:平川大輔 他

評価【★★★★★】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


「俺のせいで東海林がダメになっちゃう!?」

ルコちゃんという愛称で人気上昇中のマンガ家・二木は、恋人同士となった今も変わらず、いっさいの面倒を東海林に見てもらっていた。
お互いそれで良いと思っていたはずの関係だったが、周りの人たちに「東海林の負担を減らしてやれ」といわれた二木は、自分のことは自分でやろうとする。
だが、それがすべてから周り。
自分のせいで東海林に負担をかけ、怪我までさせてしまった二木は、東海林と離れる決意し、高校時代、二木の世話を焼いていた男・甘利の元へ。


きみがいなけりゃ息もできない――そんな二人の行き着く先は?



「きみがいなけりゃ息も出来ない」の続編・2枚組。
前作の記憶が半分とんだまま聞き始めましたが、潤くん演じる二木の甘ったれで舌たらずで「しょぉじ」という声で思い出しました。


お互い、相手が自分にとって必要不可欠だと思っているのに、その気持ちがかみ合わなくてからまわりですれ違い。
潤くんの泣きの演技は相変わらず秀逸だなぁ、と思うわけです。
二木の舌足らずでいかにも一生懸命!という風情で言葉をつむぐところと、独白の普通のところ(変な言い方だけど)とのギャップが、また二木の心情にぐいぐい引き込んでくれるのです。
特に、東海林に怪我をさせてしまったところから、甘利に拾われるところまでの独白に泣きそうになった。

クールな東海林役には小西さん。
二木に別れを告げられ、それでも表面上はクールにしていた東海林の「二木にみっともないところを見せたくない」という一言が良かったー・・・。
前作も含め東海林の一番情けない台詞なんですが、二木への執着というか、恋情、気持ちの深さがその一言にぐーっと詰まってます。

三木さん演じる甘利は、こういう間男的な役を演じる「三木さんらしい」とこでした。
東海林への挑発をするところの一触即発感がいい〜。

吉野くん、立花くん、平川くん、黒田さんはマンガ家シリーズ続刊のキャストお目見え、という感じらしく(原作読んでないからよくわかってませんが)吉野くん、立花くん、平川くんがこのキャラでそれぞれ受けをやってくれると思うと、今からにやにやしてしまうよ。

ボリュームがっつり、心情ぎっちり、最後は幸せ、な聞かせてくれる大満足な作品でした。


あ。
二木のあの舌足らずお子ちゃまっぷり全開で受けれる潤くんはすごいなー・・・とも思いましたよ、はい。






posted by かつき at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143014419

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。