2006年01月23日

篁破幻草子 第一巻 宿命よりもなお深く

ドラマCD 篁破幻草子(たかむらはげんぞうし) 第一巻 宿命よりもなお深く


小野篁 : 谷山紀章
橘融 : 鳥海浩輔
楓 : 千葉紗子
閻羅王太子・燎琉 : 千葉進歩
閻羅王子・陸幹 : 今井由香
禁鬼・雷信 : 野島健児
禁鬼・万里 : 小林由美子
禁鬼・清嵐 : 鈴木達央
帝・神野 : 三木眞一郎
太慎 : 成田 剣
朱焔 : 中田譲治 他


「篁」という字が出ないんですが・・・・・・(全部コピペ)
タイトルは「たかむらはげんぞうし」と読みます。

原作は「少年陰陽師」の結城光流さん。
少年陰陽師の世界の100年ほど前の話。


いいような悪いような、微妙なトコだなー。

いいトコ。
いいキャスティングしてくれました。
特に紀章くんは、大あたり。
融には容赦がないのだけれど、本当は大切でかけがえの無い親友である、というあたりがよいです。
気持ち入ってたなー。

篁の幼馴染で親友である融役の鳥ちゃん。
いつもいつも篁に罵倒され足蹴にされているのにそれでも親友をやっているいい子だ。
へなちょこです(笑)

燎琉の千葉さんも閻羅王太子としての義務と、人界に関与できないけれどそれでも一個人としての気持ちとの微妙な感情の揺れがよかったです。
威厳もあってカッコイイのだ。

雷信が野島健児くんだったのは一寸どうかと思ったが、聞いたら悪くない。
原作の印象は、もう一寸低めだったの。
ていうか、私の中では帝と雷信が見事に逆のキャスティングだったのね・・・・・・。
見たときには「どうなのよー」と思ったんだけど、聞いたら納得しました、はい。

成田さん!
いいわ、怪しいわ!!(何を喜んでいるんだか)
得体の知れないあたりがまた、いいキャスティングですよ。


悪い(というか、不満)なトコ。
原作3冊分をCD1枚・しかも前2作は話の流れをつまみ食い、程度なので、原作読んでないと話がかなり分かりづらいと思う。
篁がなぜ朱焔と敵対しているのか、とか、井上はどうして帝を恨んでいるのかとか(まあ、簡単に説明はありましたが)破軍とはなんぞや、とか、丁寧に作ってもよかったんじゃないかな。
凄くもったいない。
そうでなくても登場キャラ多いんだから、一気にまとめてしまわなかったほうがよかったよ。
いい話をいいキャストで作ったんだから、もう一寸贅沢にCD1枚で原作1冊、という作りにしてほしかった。

ああ、もったいない・・・・・・。

posted by かつき at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマCD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12140933

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。