2006年01月22日

月に狼

RUBY CD COLLECTION 月に狼


鈴雀(すずめ) / 福山潤
周防(すおう) / 遊佐浩二
蓮(れん) / 鈴村健一
天羽(あもう) / 三木眞一郎
季(とき) / 宮田幸季
芹兎(せと) / 大川透
月代(つきしろ) / 下野紘
狼焔(ろうえん) / 伊藤健太郎  他

管理人的評価【★★★☆☆】





遊郭・雀ヶ宿で働く見習い遊雀の鈴雀は、親の言いつけで仕方なくやってきた地主の跡取り息子・周防の相手に指名される『遊べや雀』

ある国の主である連は、竜の血を受け継ぐ唯一の竜人。原因不明の飢餓で存亡の危機に立たされている国を救うために、竜が住むといわれている陰の森に足を踏み入れる。
そこで、連は竜の神である天羽と出会う『黒い鱗と黒い角』

にんじん農家を営む兎人である季は、このところ祖父と従兄である芹兎が喧嘩ばかりしているのが気がかり。
ある日、祖父が作るにんじんよりもいいものを作れるようになったら此処を出て行く、と芹兎が宣言しているのを聞いてしまった季は、芹兎が作った人参を全て抜いてしまう『恋する兎』

妾の子供ということで異母兄である周防以外の家人に疎まれてきた月代。
狩りの最中においていかれた月代を、人狼である狼焔が狼の谷へと連れ帰る『月に狼』

オムニバス4話入り。



私のあまり得意ではない、オムニバス形式でございます。

『遊べや雀』
遊佐さんが、いい人なの・・・・・・(不満なのか)
穏やかな、押しが弱いというか、優柔不断なところもある人。
親同士が決めたとはいえ、一応許婚もいるのに何故親の言いつけで遊郭に行くかが一寸謎。
聞いている限りでは、パニックに陥ると雀になってしまうらしい鈴雀。
途中で雀になっちゃったんですけど、あのあとの周防を考えると、非常に不憫で仕方がないんですが(笑)
準備万端なのに、いきなり相手が雀になっちゃうんですよ?
かわいそー(笑)

最終的には結婚を破談にした周防は家を出て鈴雀を見受けして、一緒に暮らすわけです。
地主の息子とはいえ、家を出た周防がそんな金を払えたのが凄いわねぇ、と思う(リアルと一緒に考えるからそう思うのか。よほどの緒大尽じゃなきゃ見受け料を払うことはできなかったらしいしねぇ)
オマケはらぶらぶ新婚さんでした。
潤くんもいつもの(私が聞いているのがそういうのが多いからかな)元気くんじゃなくて、一寸後ろ向きっぽい子だったので、なかなかに新鮮でした。


『黒い鱗と黒い角』
病気になってしまった竜の天羽が陰の森の木々から精力(?)を吸い取って生きていたのが原因で、連の国にまで影響が出てしまっていた、ということを知った天羽は、自分が死んで役に立つならいいや・・・と後ろ向きなことを言うのですが、それを男前・連が「そんなこと言う前に病気を治すことを考えやがれ!」と罵倒するのです。
いい!(笑)
竜の病気を治すのは竜人と交わればいいということで、連はだかれちゃうわけです。
それであっという間に病気が治った天羽に「次はいつ会える?」と聞かれ、連はもう来ない、と言い放って陰の森を出ます。
下界の空気は竜には毒だから森を出られないため、二度と会うことはない、と考えてのことでしたが、それを引き止める天羽の「連!」という声がねぇ、いいんだー。
食料庫にも備蓄が出来てきて、国の飢餓も一安心、というころに、天羽が竜の姿でやってきて「連と一緒に居たい」というわけです。
・・・かわいいなぁ・・・。

三木さんのへなちょこ攻めと、鈴の男前受けでした。
非常に萌えたんですけど・・・・・・!(笑)


『恋する兎』やっぱり、宮田幸季の本領発揮はこういうところか。
幼い頃から「芹兎のおムコさんになる」のが夢だった季が可愛いのね〜。
大川さんも相変わらず素敵です。
「にんにん」というにんじんの精とか出てきて、可愛い話でございました。


『月に狼』

・・・・・下野くん、やれば出来るんじゃん。

とか思った(偉そう)
いやー、なかなかに色気があってようございました。(昨日まで一緒に旅に行っていた友人に「下野くんももう一寸色気が出たらいいんだけどなー」と言ってたところだったので)
狼焔が月代にほれるきっかけになった「・・・オレのこと食べてもいいよ(ウロ)」の台詞のトコが非常に良かったです。にじゅうまる。

オマケ小話では、狼焔の弟たち6人と一緒に住んでいる月代が、一番上の弟に
「月代は(やってるときの)声が大きい」とか言われ「もうかえらなーい!」みたいな駄々をこねる可愛い話でございました。


全体の雰囲気が甘いお砂糖菓子みたいな柔らかい感じでした。
ただ、人間であるのが周防と月代の異母兄弟だけで、他は兎だったり雀だったり狼だったり、と、ビジュアルがCDだけでは分かりづらかったのが難点。
一話ずつのボリュームは多くなくても、それぞれがコンパクトに綺麗に構成されているという印象です。


posted by かつき at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12086514

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。