2006年01月06日

学園ヘヴン 〜未来は君のもの〜

学園ヘヴン ドラマCD


伊藤啓太 / 福山潤
遠藤和希 / 櫻井孝宏
丹羽哲也 / 小西克幸
西園寺郁 / 神谷浩史
中嶋英明 / 森川智之
七条臣 / 坪井智浩
成瀬由紀彦 / 三木眞一郎
篠宮紘司 / 置鮎龍太郎
岩井卓人 / 野島裕史
滝俊介 / 間島淳司
海野聡 / 天田真人 他

管理人的評価 【★★★☆☆】


ちなみに、管理人は何を置いても櫻井孝宏メインなので、コレも「櫻井攻め」カテゴリに投入。



とりえといえば運のよさだけという平凡な少年・伊藤啓太に届いた、超エリート高校・ベルリバティスクールへの入学許可証。
BL学園へ編入した啓太の周りはクセのある人ばかり。
楽しく学園生活をスタートした啓太だが、ある日突然、理事会から入学の取り消しを宣告される。
BL学園に残りたい啓太は、理事長が企画した学園MVPへ参加することにする。



話の内容は、ゲームの和希ルート(私がやったのはPS2版)とほぼ同じかな。
それを74分という時間にまとめ、更に絡みを入れようとすると、他のキャラは顔見せ程度になるのは仕方がないか。
けれど、ゲームをやってない人にはあまりオススメできないかも。
ゲームだからこその裏側が見られないまま、表面だけをすーっとなでて終わった感じ。
いろんなところぶった切り。
ゲームをやってない人には不親切なCDだ。
和希の正体もわかってしまうしねぇ(ゲームでは和希ルートと臣ルートでようやく分かった・・・ような?あんまり記憶がない・・・)

櫻井くんはよかったのよ(結局そこか)
啓太ちんへの囁きがねぇ、いいのだよ。
学生の和希よりも、理事長モードの時のが傲慢さがあって、好き。
やっぱり私、櫻井くんは攻めのが好きだわー・・・・・・・。

坪井さんが、ゲームの時とえらく演技が違いませんか?
ゲームの七条の、含みを持たせた間とか、笑顔の裏に何を隠してるんですか?という、腹黒い七条とはまったく違う、あっさり目の人格に。
脚本の関係もあるのかもしれないけれど、あまり「郁」「郁」言わないのは残念。
ひそかに西園寺ルートだったか、七条ルートだったかの(どっちかはっきり覚えてません)七条×西園寺(啓太が七条と友達になって、七条が西園寺に告白する、というのを応援するぞー!というさわやかED。ですが、結局は啓太と誰かがくっつくのが目的のゲームなので、幾らさわやかでもバッドエンド扱い)が非常に好きだったので(笑)一寸残念。
プラス、ボイス入りのPS2版ゲームを先にやってしまっていると、キャストが違う方が何人かいらっしゃるので、その違和感ぬぐえないのですよ。

そしてゲームでもCDでも「和希の年齢は?」というのがオチになってますな。
で、結局何歳なのさ、和希は(笑)


そしてそして、学ヘヴ・ビッグプロジェクト始動らしいです。

サイトはこちら。

情報解禁まで54日ってことは、3/1に情報解禁ってことかな?
何やるんだろう・・・・・・・楽しみなような、怖いような(笑)
posted by かつき at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。