2005年12月09日

だまし討ちだぜ、DR

ドラマティックCDコレクション だまし討ちだぜ、DR


久保田薫 : 野島健児
芝貴史 : 遊佐浩二
深津 : 神奈延年  他

管理人的評価【★☆☆☆☆】


いい加減CD増えすぎて、何処にどのCDしまったか分からなくなってきた・・・・・・一応分類してるんですけどね・・・・・・。
(聞いてないCDの山も一向に崩れる気配はないのに、年末にかけてまたCDとDVDが届きますよ・・・・・・)




明和病院の受付事務をやっている薫は、新人の整形外科医・芝と関係を持ってしまい・同居をすることに。
いつの間にか芝を好きになった薫だが、同じ明和病院に勤める外科医・深津の見合いを断る口実に「薫と深津ができている」といううわさを流されて・・・・・・。



個人的事情から(笑)病院の受付のクレームの多さと、月末月初の(というか、月初ですな)の忙しさはよーく分かってます。
それゆえ、いろんなことを思い出してビミョーに嫌な感じ(笑)
そういうところのある意味でのリアルさはありました。
が、BLなので、そういうとこじゃないじゃないですか、聞きたいのは。
最初にそういう「病院の受付って案外忙しくて大変なのよ?」というところに時間を割きすぎで、最後は「それで終わり?」という、あっけなさというか、ブチ切れ(話がね)感が否めない。

もうホントにコレに尽きるんですが、

なんて色気の無い絡みなんだろう。

「芝、そこまで痛がってうめいてるんだからやめてやれ」と肩を叩きたくなる。
しかも、2回あった絡み、2回ともですよ・・・・・・。

脚本が悪いのか、原作がこうなのか分かりませんが、どーにもこーにも。

遊佐さんだからまた聞くかもしれないけど、今まで聞いたBLの中で一番面白くなかったです。
(個人的基準なので、お手柔らかに)
posted by かつき at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。