2005年09月05日

ヴェネツィア動画

出てきましたねぇ。
しかし、公式サイトというのは・・・・・・英語版、重いんだよう。

photcall

感想としては、あんなもんかな、と。
今まで、ハリウッドスタアな人たちのこなれた笑顔やら、共演した女優さんに対する手馴れたエスコート具合(肩や腰を抱いたり、キスや内緒話するのは当たり前)を標準として見ていたおかげか、最初は「こう、国際舞台なんですから、もうちょっと伊藤さんをエスコートしたほうがいいですよ、孝宏さん」とか思ってましたが、それでこなれててもイヤなので(笑)日本男児的にはあれくらいで良く頑張った、というべきかしら、とか。

何言われてるかわかんなくて、それでも聞き取ろうという姿勢に好感度アップ。
まあ、言葉の壁が一番大きいのかなーと思いつつ「こっち見て!」くらいしか言ってないので、ただ単にあちこちから声がかかって戸惑ってた、って感じなのかな?


レッドカーペット

あの、所在なさげな感じがなんとも・・・・・・。
ええ、まったくもう、エスコートなんてレベルじゃなかったですから、孝宏さん。
まあ、こなれててもイヤなので(以下略)
サインしている孝宏さんと伊藤さんの後ろの野村氏が、こう「見守る父」的でなんだかほほえましかったんですが(笑)


コンペ外でアニメで、実際にスクリーンに姿が映っているわけではない、ということを考えれば、あんなものかなー、とは思います。
レッドカーペット上であんなに静かなのは、やっぱり↑の状況だったからでしょう。


でも、動画見られて嬉しかったなー。




個人サイトさんなのかな?画像あり。
最初のほうは、これを書いた方のベニスレポートな感じなので、頑張って下のほうまでスクロール。
この方のお目当ては野村氏で「Nomura and the others」と書かれているよ・・・・・・。
伊藤さんと野村氏にサインもらってご満悦のご様子。
いや、主役は!?(苦笑)


かなり下のほうの画像・野村氏の後ろーの方に、微かに孝宏さんがいます(笑)
かーなり背景と同化してますが。
ただし、そこまでにかなりネタバレしてるので(英語サイトなので読もうと思わなきゃはっきりした内容まではわからないと思いますが、キャプチャは大量です)ネタバレはイヤ、な方はお気をつけを。
ま、そんなにたいした物ではないと思いますが。

ここ。


posted by かつき at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ネオロマンス アラモード」

午前中は都内で用事があったので、9/4の午後、一番最後の回のみですが行ってきました。
かなり疲れてて、横浜に着いた時点で吐きそうだしくらくらしてるし、と体調最悪。
それでも行って来ました(笑)

席が今回非常にオイシイところで、途中から具合も良くなり(テンションあがったら、治った/笑)とても楽しめました。

DVD出るでしょうし、かなり偏った視点になりそうなので、覚えてること羅列。

■じゅんじゅんの髪型が気になった(笑)
■コーナー名忘れましたが、恋愛についての方程式は、三木さんとみっちゃんが素敵でした。
 三木さんが (後悔+反省)÷∞=恋愛 だった気が。
 みっちゃんが
 (好き+好き+好き+好き+好き)×与える心=愛
           ∨
(スキ+スキ+スキ+スキ+スキ)×求める心=恋

 だったような気が。
 それぞれうんちくを語ってくださるんですが、この二人の時には会場中から納得、の声。
■例題として出されたもりもり、回答者としての賢雄さん、成田さんのヤツは笑いが。
■しかし、智一さん。「偉い人も見たんだから!それで出てるってことはOKってことだから!」と仰られましても、一応ネオロマなのですよ(笑)
 『胸+尻=恋愛』はないと思います(笑)
 相変わらずポイントを外さない人ですねぇ(笑)
■コルダのドラマの時。
 ステージ上にはイトケン兄さんと岸尾くん。
 なにやら、金やんのお使いに、日曜日だというのにお出かけらしい。
 それなのに、志水っちがいない。
 どうしたのかなー?というところで・・・・・・
 ぎゃー!私の後ろ通ってるしー!
 私の席がちょうど1階を横断する大きな通路のすぐ前で、ひょい、と振り返ったらじゅんじゅんが台本もって小声でぶつぶつ言いながらゆーっくり歩いてくる。
 先週の「おまえら」といい、今回のアラモードといい、じゅんじゅん観察をじっくりしてしまいましたよ(笑)
 通路の途中で立ち止まった志水を呼びましょう、ということになる。
 みんなお返事がいいねー。
 「レスポンスがいいね!」とイトケン兄さんに言われた(まねっこしてなのか、柚木にも「レスポンスいいね」と言われた/笑)
 で、いろいろと分けて(全員で、とか、階によって、とか)「志水くーん!」と呼んで見ると、気づいて歩き出す。
 しかしまた数メートル歩いた通路で立ち止まって、しゃがんでみたり、寝転んでみたり(笑)
 再び何度か名前を呼ばれた志水っちはようやくステージ上の二人に気づく。
 「・・・あ。ゆのきせんぱいと、つちうらせんぱい。・・・・・・こんにちは(絶対ひらがな/笑)」
 かわい・・・・・・(倒)
 ちゃんと会場からステージにあがれるように作ってある階段の、ステージ一段前で立ち止まる志水っち。
 両脇を抱えられステージに上げられるんですが、岸尾くんが(あれは柚木ではなかった/笑)「お仕置きの時間だ」とか良い声で言うものだから、会場からエライ声が。
 あのこれ、一応ネオロマだよね?(笑)
 最終的には誰も金やんのお買い物の内容を知らないから、買い物できない。
 お茶でも飲んで帰るか、ということに。
 イトケン兄さんの「ほら、お前も早く来いよ」的な台詞にくらくらしました(笑)
 しかし、岸尾&福山は、台本と打ち合わせにないことばかりやらかしたらしい。
 イトケン兄さん「打ち合わせにないことばかりやって」とドラマ中に言ってましたから。
 大変ですね、兄さん(笑)
■遥かドラマ。
 神子がしゃっくりが止まらないので、しゃっくりを止めるための薬草探し。
 頼久はステージ下手側、詩紋はステージ中央、天真は会場を探すことに。
 詩紋くん、やる気ないね?セットに座ってたもん(笑)
 やっぱりメインは客席に降りた天真ですな。
 アレは天真じゃなくて、智一だった(笑)
 ステージ上で三木&宮田が話を進めている間にも、会場に愛想を振りまきながら「あっち見て。あっち」とステージに注意を向けようとしながらあちこちに手を振っている。
 逆効果です、智一さん。
 ていうか、マイクに声入ってるし(笑)
 天真がいろいろ会場に聴いて回っているうちに、女房が神子のしゃっくりが止まった、と言いにくる。
 で、ようやく(無理やり/笑)会場の人に色よい返事をもらって天真が振り返ると、もう誰もいない。
 それを追いかけて行って終わり〜(笑)
■アンジェドラマ。
 日曜のセレスティアでオスカーとエルンストとゼフェルがいる。
 聖天使からのメッセージをアリオスに届けなければならないのだが、居場所を知りませんか?とフランシスがやってくる。
 メッセージをね、杉がね、自分の首をぽん、と叩いて、その拍子に口から出ました、っていう感じで隣の賢雄さんに渡すのよ。
 嫌そうに杉の服で渡されたそれをぬぐう賢雄さんがおかしかった(杉も笑ってたし/笑)
 そして再び背後から歓声。
 何かと思えば今度は成田さんが中央を横断する通路を歩いて、両手を挙げて堂々と入場(ただし、ライトは浴びてない/笑)
 とりあえずみんなで探そう、ということになる。
 オスカーとゼフェルが客席、エルンストとフランシスは「その辺を掘って探してくれ」(笑)ということで、二人でステージを掘るまね。
 それが、もりもりはスコップで掘ってるんだけど、杉はしゃがみこんで手で土を触ってる感じで可愛かったんだ。
 でもそれを見ていられたのもほんの十数秒。
 だって、私の席のすぐ横をみっちゃんが、アリオスの特徴をいろんな人に聞きながら歩いてくるのよ!(賢雄さんは上手側を歩いていたのでまったく見てません)
 「背が高くてーナントカントカ・・・」言いながら尋ねて歩いてくるんだけど、その答えに
 「なにー!?たいていの男は俺より背が高いだとぉ!?」と言いながらゼフェル様激昂(笑)
 そのネタを繰り返しているうちに、中央通路のほぼ真ん中あたりに椅子に座っているアリオスを、ゼフェルとオスカーが発見。
 ステージに連れ帰るのに、賢雄さんがわざわざスーツのジャケット脱いで、成田さんにかける。
 犯人連行かよ!(笑)
 「とうとうこんなことに・・・」とかもりもりが言ってた気が(笑)
 みっちゃんはカメラに向かって「撮らないで!」と、やっていた。
 聖天使からのメッセージは、アリオスにお買い物してきて、というメモだったんですが。
 途中で、杉のホルダー(レールホルダーに挟んであったみたい。こんなヤツね)が外れたらしく「大丈夫か?」と声をかけられていた人(一生懸命直していた姿が可愛かった)
■ジェスチャーゲーム。
 じゅんじゅんVS杉のじゃんけんは、やはり「浪川式」でした(笑)
■岸尾・福山チームは上手い。
■宮田・杉田チームは、このチーム編成がどうかと思われ・・・(笑)
 司会のイトケン兄さん曰く「こちら(岸尾・福山チーム)は作品が同じですけど、こちら(宮田・杉田チーム)は作品の壁を乗り越えなければなりません!」
■大方の予測どおり、作品の壁云々以前の問題で、コルダチームの勝ち(笑)
■友人は、もりもりの「ラーブ・クエスチョン」というナレーションにやられていた(笑)
■最後は一人ずつ感想を言って終わり!
 杉が演説口調になってしまうのはいつものことなので、みんな聞いてやってくれ。
 あの子も頑張ってるんだよ!!
■カーテンコールで、キャストがみんな客席に降りてきた。
 ちょうど通り道近くだったので、キャストみんな触っておきました!(笑)
 じゅんじゅんはハイタッチ。
 で、イトケン兄さんと賢雄さんとみっちゃんはぎゅっと力入れて手を握ってくれた。
 後はぱんぱん、と手を叩いていく感じでしたが。
 何って、みっちゃんが一番ぎゅっと力入れて手を握ってくれたのが嬉しかったなー。
 最初のほうだったので、向こう側に行くキャストの背を見送りながら、後から微妙に手が震えてましたよ、何でか。
 杉は一人で1階の後ろのほうまで行ったのはいいけれど、お嬢さんの足を踏んだか引っ掛けたかしたみたいで、そこまで戻って謝ってました(笑)
■友人その1「いいなー、三木さん!」
 友人その2「いいなー、幸季くん!」

 ・・・・・・微妙におかしいよ(笑)
 友人その1が三木さん好きなのは知ってるよ。
 しかし友人その2の大本命は福山潤のはず。おかしい(笑)
■友人その2、賢雄さんゲットおめでとうございます(大爆笑)
 私もその場で賢雄さんの行動を逐一観察したかったわー。
 多分大笑いしてたと思うよ。ずっと(笑) 


ホント楽しかったです。
いい席をくれた友人に感謝。
キャストもみんな「楽しかった」と言ってくれていたのが嬉しかったなぁ。

あ「十六夜記」のCM流れてましたが、かなりいい感じ。
早く遥か3コンプします・・・(リズ先生と弁慶だけコンプして、放置中)

あとは、じゅんじゅんと杉が仲良しさんだったなぁ(と、じゅんじゅんファンの友人に行ったら「あの子がかまって遊べるのが杉だけだから」とも言われた/笑)
セイントな人たちは、結構もりもりの遊び道具になっていた感も(笑)

事前予測どおり、岸尾くんいいわー・・・・・・・。
次回のネオロマライブ、岸尾くん出るなら行きたいなぁ・・・・・・。

そんな感じで個人的感想でした。
読みにくい点はご容赦を。
補完はDVDを見てね(笑)


posted by かつき at 09:56| Comment(0) | TrackBack(1) | イベントに行ってきました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。