2005年09月28日

劇団松井 旗揚げ公演記念 THE DVD

劇団松井 旗揚げ公演記念 THE DVD
劇団松井 旗揚げ公演記念 THE DVD



近所の店で、見つけた。コレ↑

見たいけどなー、どうしようかなー、と思っていたところ、1000円札1枚でおつりがくる金額で売ってました・・・・・・(笑)
そのお店、たまーにこういう掘り出し物があるので、好き。
(おまえら鯖もこの店で買ったなぁ)

鈴・・・・・・あなたは何処に行きたいの(笑)
あの髪と前半でかけてたメガネ凄いわ。
「コレでカメラがあれば完璧」って鈴村さん、あなたは何処に行きたいの(2回目/笑)
みゆゆ可愛い。
櫻井くんのポジション変わって欲しい・・・・・・みゆゆと遊びたい・・・・・・(何かが違う)

それにしても120分というなんて長いDVDと思ったら、本編+櫻井カメラ+松来カメラ+鈴村カメラでのそれぞれの映像まで入ってる。
だから結局は舞台を4回いろんな角度から見てDVDに収めている、という、こう・・・・・至れり尽くせりと喜んでいいのか、何か無駄・・・・・と思うべきか非常に悩みます(笑)

posted by かつき at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

旅行鞄をしまえる日

Chara CD コレクション 旅行鞄をしまえる日
Chara CD コレクション 旅行鞄をしまえる日


坂巻敬太:鈴村健一
福地義喬:一条和矢
小山田:梁田清之
梶本:立木文彦
櫻川:近藤孝行
佐野山靖人:田中一成、他

管理人的萌え度【★★★★☆】


続きを読む
posted by かつき at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

ガンダムSEED DESTINY 51?話「レイ」


しょっぱなから「vestige -ヴェスティージ-」が流れたあたりで「もう駆け足で終わらせる気満々ねー」と妹と呟きながら見てみた。
はい、いつもの箇条書き。

■イザークはそうでなくちゃだめよね!!
 幾ら隊長でも、自分から飛び出してくれなくちゃ!!
 そしてディアッカは相変わらずのジュール隊長のお守り、お疲れ様です。
 じゃじゃ馬お嬢さんの付き人に見えるのは私だけか。

■キミら、戦いなさい>マリューさんとフラガさん
 SEEDの時と同じくAAを護ったアカツキ。
 妹と大爆笑しましたけれども。
 「何で無事なの?」「アカツキ、ビーム反射するから!」「ああ、そうだ!」
 と、二人で大盛り上がりでございました。

■キミら、戦いなさい その2>イザークとディアッカとアスラン
 そんなところで話してたら、いい標的ですから。

■そして、主人公シンの存在感は今日も薄く。
 どう考えてもキラとアスランが主人公でした。

■真剣に見てないからでしょうか。
 ルナが悩みながらMSに乗ってる意味がよくわかりません。
 
■相変わらず議長は悪そうに笑うなぁ(笑)

■レイ、どうしたの。
 いきなりルナのことを言い出すなんて。
 遺言ですか(待て)



妹「あと2週で終わるの?」
私「いや、あと1.5週。今もう途中のCMだし」

というかね・・・・・・・「駆け足で終わらせる」というか「100メートル全力疾走」でどうにか終わらせようという雰囲気が。

来週、どんな終わりになるのかがとても楽しみです(にっこり)

posted by かつき at 19:09| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ鑑賞日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サボっていたわけでなく。

遙かなる時空の中で3 十六夜記」を9/21にゲットし、9/22に仕事に行きあまりのめまいの酷さと喉の痛みに耐えつつ仕事をし、その夜から熱を出して寝込んでおります・・・・・・ええ、現在進行形です。

いい加減寝ているのにも飽きたので、ベッドの中でごろごろしながらCD聞いたり「遙かなる時空の中で3 十六夜記」をやったり、という感じです。
鳥ちゃん、次回から恋愛キャラに昇格するんだろうなぁ・・・・・・と思いつつ。

さて。
10/2に大阪でやる「スウィート・イグニッション」の公録、当たってしまいました。
外れる気満々で出したのに。
しかも整理番号早いですが。
休み取れるかなー?(^_^;)
(上記のめまいと発熱で2日ほど欠勤しちゃってるしなー・・・)
その前に、体調が戻るかどうかのほうが問題か。


とりあえず、寝ます・・・・・・。
posted by かつき at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

現在はゲーム中です。

22日発売を控えたコレ↓

遙かなる時空の中で3 十六夜記

のために、ただいま前作「遥かなる時空の中で3」を必死にプレイ中。
前作やってなくても大丈夫らしいんですが、セーブデータ連動で遊べるらしいので。
どうせなら「遥かなる時空の中で3」も持ってるんだし、連動させたい!

しかし、全キャラオールコンプデータを作るには、あと5人落とさないと・・・・・・。
しかも、予約したお店が21日は引き取りできます、とか言ってくれちゃったから明日中にあと5人・・・・・・。

しかし、三木さん良いし、友人がハマっていた直くんもとても良かったし、幸季くんの声はこの作品のキャラが一番好きだし、あーさんいるし、和彦さんいるし、恋愛可能キャラではないけれど、鳥ちゃんがネオロマ参戦だし(この人気如何では次作で恋愛可能キャラになってくれそうな気もするようなしないような。コレだけのゲストキャラで終わり、っていうのはもったいない)で、遙かなる時空の中で3 十六夜記はファンディスク的な要素が高いとはいえ、かなり楽しみにしているので。

乙女ゲーは、やっぱりネオロマンス(アンジェリーク・遥かなる時空の中で・金色のコルダ、と3作品ひっくるめて「ネオロマンス」と私は定義しておりますが)
が一番だと思う。
他のいくつかのこの手のゲームを声につられてやっても、やっぱりネオロマンスが一番かなぁ。
アンジェ発売から10年のノウハウは伊達じゃない。

明後日は休みなので、明日は帰ったらすぐさまやりこみます!

posted by かつき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

「ふしぎ工房症候群 Episode3 ひとりぼっちの誕生日」

画像は撮影が面倒なのでパス(笑)

アニメイト限定発売品 → こちらからアニメイトの商品詳細ページへ。

まず、パッケージに使ってある写真が微妙に怖いんですが。
不思議感出したいんでしょうが、怖いです(^_^;)

カテゴリ悩みましたが、一応ドラマCDカテゴリに投入してみました。


完全に延々お一人で語ってます。
オチはなんとなく見えましたけれども、延々櫻井孝宏の声のみを聞いていられる幸せ(笑)


出世のために生きているようなエリート会社員が、誕生日に大きな商談があるのに、彼女が親に見合いを迫られ、それがイヤなら付き合ってる男に合わせろ、とか言われて面倒で「見合いすれば?」なんて彼女を突き放したら、それをきっかけにしたみたいにがたがたといろんなところが彼の予定からずれてしまって・・・・・・・

というような話を、延々櫻井くんが語ります。

エリート会社員の、人を蔑んでる冷たい声がいいです。
そうですねえ・・・・・・「switch」のハルくんベースで、冷たさ3割増し、くらいな。
冷たい、人を見下している声もいいんですが、最後のほうで泣き崩れるシーンが一番好き。
エリート会社員くんの感情の変化がすばらしい。

話の中で、エリート会社員(あ、誰も名前ないんですよ。エリート会社員くんの一人称の小説を朗読してもらってる感じなので)の大学の同期に、女性恐怖症の男が出てくるんですが、コレってEPISODE.2の鈴とリンクしてますか?
ということは、コレは何処かしら微妙に全てリンクしてますか??
ちなみに「ふしぎ工房」はこんなラインナップ。

EPISODE.1 「君はダレ?」語り:諏訪部順一
EPISODE.2 「女性恐怖症なおします」 語り:鈴村健一
EPISODE.3 「ひとりぼっちの誕生日」 語り:櫻井孝宏
EPISODE.4 「一緒に死んでくれますか?」 語り:石田彰
EPISODE.5 「カネかえせ!」語り:谷山紀章


と、この方々を見れば、私は絶対に全部買わなきゃいけない状況に陥ってます(笑)

posted by かつき at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマCD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

「switch〜スイッチ Vol.2 DS編」

ドラマCD switch~スイッチ Vol.2 DS編
ドラマCD switch~スイッチ Vol.2 DS編



衛藤 快  /福山 潤
倉林 春  /櫻井孝宏
比企真孝 /諏訪部順一
白井響耶 /緑川光
梶山慶護 /中井和哉 
成田秋宗 /小杉十郎太  他


比企さん素敵・・・・・・(笑)

駄目だ。
このドラマCDの私のメインは、見事に比企さんになっている・・・・・・!(笑)

今回はタイトルどおり「DS(ドラゴンスピード)」というクスリの話。
ゲストキャラに緑川さんです。

葛井さんの「カイちゃんラブっぷり」は健在です。
「映画デートからお願いします!」とかカイちゃんに頼んじゃうんですよ。
捜査の都合でモデル(?)の白井の付き人としてしばらく事務所に来ないカイちゃんに「私の付き人になって!」とか言っちゃう葛井さんのが、カイちゃんより可愛いです。
そしてそれをひややかーに扱き下ろすハルくんがまたいい。
心のそこから「バカじゃねーの、コイツ」とか思ってそうで(笑)

今回は新人麻取の二人組みは別行動。
そんな中、ハルくんはクスリの取引をされてる店で成田さんの名前を名乗ったがゆえに警察関係者だとバレ、沢木にさっくりと左わき腹刺されてピーンチ。
全治2ヶ月の重傷に。
カイちゃんはそれを梶山さんからの電話で知って見舞いに行こうかどうしようか、でも白井の側にいなきゃいけないし!と悩んでるんですが、そこに来たハルくんからのメールが、あまりにらしくて(見舞いになんか来るな、みたいな内容)それで一安心、という妙な関係を築いて行っている気が(笑)

カイちゃんはカイちゃんで、白井の感情のふり幅の広さだったり、体調の悪さだったりを仕事云々関係なしで心配していたり、一生懸命に白井のなくなった鞄を探したり、体調を気遣ったりする様が本当にいい子。
光さんの穏やかでいい人、な時と、荒々しい感情むき出し、な時の両端な演技が見事です。

そのころハルちゃんは、本物の成田さんが取り調べに来たついでに置いていった盗聴器のおかげでご立腹?
それをチャラにする、という条件でいい運転手と情報屋(成田さんのコト/笑)を見つけて、病院抜け出して捜査しちゃうんですけど。
手術した翌日に、全治2ヶ月の患者がそんなに動けるんだろうか、と思いつつ。

いろいろあって正体がバレたカイちゃん。
沢木とケリをつけに行く、という白井に食らわされて気絶していたのだけれど、梶山さんからの電話で気がつき、白井さんを助けに単独行動を起こす。
それを助けるためにガサいれの許可を得ようとする梶山さんと、まだガサいれは時期尚早だ、という比企さん。
梶山さんの部下思いな熱いトコがいい。
「(カイくんは)オレの部下だ」みたいな台詞があるんですが、梶山さん良い!
この二人はホント火と水、のような関係ですねぇ。
カイちゃんとハルくんは、色水と水、って感じ?
(真ん中あたりはなんとなーく色が混じるんだけど、完全に色が違う)

目黒署で成田さんから情報を得ていたハルくんが、ハルくんが刺された店へカイくんが単独乗り込んだと梶山さんから聞いて、成田さんをアシに使う。
そこはまあ、警察もちゃんと動いてるんですが、カイくんがいる店へ、またまたハルくんも単独で乗り込むわけです。
上司はこんな二人いると大変よねぇ。
しかも二人とも新人(一人は新人ぽくなくても)ですよ。
比企さんくらいの人じゃないと、この二人の上司は務まりませんか?(物腰柔らかいのに、堂考えてもおなかの中真っ黒だもん/笑)

そこで白井が殺され、またまたスイッチが入っちゃったカイくん。
なんとなく、私の中のイメージでは酔拳(笑)
それをとめたのは、またもやハルくんでございました。
沢木が店を爆発させようとするところ、危機一髪で逃げたカイくんとハルくん。
逃げたかどうかわからない状況で、助けに行こうとする梶山課長はいい人だ・・・・・・。
今回のCDで梶山課長の株が大暴騰(笑)

前回、今回と、カイちゃんは一生懸命まっすぐに全力投球で相手に真正面からぶつかって行って、それでけなされようが疎まれようが最終的には信頼を勝ち取ってしまう、という役柄ですな。
けなげで一生懸命で、可愛い。

そして白井は、クスリを始めた理由とか、この人の人生が非常に悲しい。
切ないなぁ・・・・・・。
光さんの演技は、さすが、でございます。
人のいいときは、さわやか好青年王子声でございます。

おおっと、もう一人の新キャラ・沢木。
神奈さんかっこいいなー。
こういう役聞いたの初めてなので「おお、かっこいいよ」と思った次第。
原作を読んでないのでわからないのですが、まだまだ登場機会があるとか?
楽しみ。


更に更にワタクシのメイン・櫻井くん。
この、人を見下したような声・・・・・・良いな・・・・・・(全部それだよ)
BLの可愛い声も好きなんですが、やっぱりこういう声好きだな。
オトナの、仕事ができます系の声が一番好き。
ちょっと低めのこういう役増えると嬉しい。
それにしても孝宏さん、腰を押して欲しいのね?(フリートークより)
お疲れですねぇ・・・・・・(それだけですか)


えー・・・・・・潤さんは、ああいう人だとよくわかりました。
コルダのトークでも本人が言ってますが、一言で、人をささーっと引かせるのが好きなのね・・・・・・。
押して欲しいものは停止ボタン。
この一言で、CD聞いててもちょっと「ええー?」と思いましたよ(コレってもしかして思うツボなのかしら)



前回よりも重く、話が一本ということで濃い内容です。
あっさり流されることのない芯のある話です。
麻取りってことでちょっと好みはあるかもしれませんがね。
キャストも豪華ですし、一聴の価値は十分にあると思います。

posted by かつき at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマCD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

FF7AC 2回目。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様)


諸事情により(笑)2度目を見る。
(諸事情により、あと2〜3回見なければなりません)(全然苦じゃないからいいけど)

1回目はFF7という世界観を追うのに必死だったのねぇ。
2回目は世界観がわかったからなのか、面白かったです。
セフィロスの台詞が「・・・・・・ちょっとBLはいってるかも・・・・・・もりもりだし・・・・・・」と、純粋にFF7好きな人に後ろからさくっと刺されそうなことも思ってみたり。
相変わらずセフィロスが出ると「来た!」とか思うし(笑)
前回は「ティファがもう一押し」とか言ってましたが、個人的に一個だけねぇ、クラウドの「この言い回しあんまり好きじゃない・・・・・」と、櫻井孝宏全肯定の私がちょっと「うーん?」と思った台詞もあったり。
祥ちゃんもいい仕事してるよねぇ・・・・・・絶品だわー・・・・・・。
やっぱり鈴は台詞少ないけどいいわ・・・・・・私のストライクゾーンだわー・・・・・・と思いながら、どちらかというと声中心でようやく見られた、って感じかなぁ。

見れば見るほど味が出る。
まるでするめです(待て)

posted by かつき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

「CDドラマコレクションズ 金色のコルダ 〜目覚めのカノン〜」

CDドラマコレクションズ 金色のコルダ 〜目覚めのカノン〜
金色のコルダ CDドラマ 新シリーズ(1)


画像がないですが、いつかアマゾンが画像をアップしてくれることを期待(笑)


火原和樹・・・森田成一
柚木梓馬・・・岸尾大輔
月森蓮 ・・・谷山紀章
志水桂一・・・福山潤
土浦梁太郎・・・伊藤健太郎
金澤紘人・・・石川英郎
王崎信武・・・小西克幸 他


3年生チーム火原と柚木メインのドラマCD。
自分のトランペットがなんだか変だ、と悩む火原がいろんな人に意見を聞いてみたり、考えて見たりして原因を探るドラマが1本。
柚木がこのところイライラしていて、その理由がおのずと知れてきてなーんだ、というドラマが1本(・・・・・・ホントにこの説明で大丈夫か、自分)
その2本をメインに、他のキャラが少しずつからんでくる、という内容です。


火原は、何であんなに擬音語が多いか(笑)
「すかすか〜」とか「パカパカ〜」とか。
明るくて友人が多い火原らしく、声をかけられるのは男の普通の友人ばかり。
占い同好会なんて人もいた(笑)

結局、日野ちゃん(主人公。ゲーム内での、プレイヤーの分身)のヴァイオリンの音を聞いて、その「すかすか〜」が埋まっちゃったよ!みたいな?

そして、対する柚木さま。
ブラック光臨(笑)
こちらは声をかけてくるのは「柚木さま」「柚木さま」な女子ばかりです。

期待にこたえるのは当然の義務だと思っていて、外面が非常にいい柚木。
セレクションが近いのに練習に集中できないし、でもどうせ自分はいつか音楽を諦めなければならないし、という葛藤を抱えて一人イライラしている。
それをほぐしてくれたのが、日野ちゃんのヴァイオリンで、キャラ全員が捜索に借り出された迷子の子犬ちゃん、みたいな。


わかり辛いですね・・・・・・・。

とりあえず一番良かったのが、志水っちの
「日野先輩の音から逃れられなくて・・・・・・だから、探しに行くんです」
という台詞(台詞微妙です)
火原編も、柚木編も、この志水っちの台詞がキーになっておりますな。
そのせいなのかなんなのか「探しに行くんです」という一言に、とんでもなく愛情がこもってるんですわ。
しかも、本人(キャラのね)の自覚がないままに。
この台詞だけ、何回も聞いちゃったし(笑)

私のコルダ一番好きキャラが志水っちなので、贔屓目もあるかも。
しかも中の人(笑)が、某セイントビーストなDJCDで「チェロをやってみたいと思っている」と発言してから「この子は本当にいい子だ。先が長いであろうネオロマのことをちゃんと考えている」とちょっと騙され気味なので(待て)余計に気に入ってしまったのかもしれませんが。

で、他の方々は本当に台詞が数行、というすばらしく贅沢な作り方でした。
さすがネオロマ(何)

それにしても、トークはあんなのでいいのか。
岸尾くん、ゆる〜い感じだし!!(笑)
途中でぶった切られてるし!
後編を聞くために、気まぐれフーガ(9/21発売の次のドラマCD)を買え、ということですか!

完全に「金色のコルダ」というゲームをクリアした人にしかわかりませんが、わかる人には非常に楽しいドラマCDでございました。





posted by かつき at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマCD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

FINAL FANTASYZ ADVENT CHILDREN

着払いで隣に届けられるというハプニングもありつつ(笑)見ました、AC。
初回限定豪華パッケージ版です。

コレ


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様)

流石に約3万の限定版を買う勇気はなかった。
(いらないものが多すぎた上、置き場所に困るので)


突っ込みどころはいくつかあるんですけれども。
「あー、FFだなぁ・・・」という画面の質感。
そしてシナリオもいろんな方向の意味で「ああ、FFだわ」という内容になっておりますな。
「こんなのFF10くらいで見たような気がする」みたいなヤツもあったようななかったような。

それにしても、ほしいところにほしい演技が来ないこのもどかしさ・・・!
萎えて見る気がしない、ほどではなかったんだけど、もう一押し何かが足りない!
ティファがもうひとつどうにかならなかったかな、と。
それが気になっちゃって。
一度気になると、そっちばっかり気が行ってしまって他を見るのがおろそかになりません?
私はそうなので、ティファがしゃべるたびに気になってしまって、駄目でした。
よくやった、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、私的には駄目だな、と思った次第。


エアリス(影の主役)とカダージュ(一番台詞量多かった・・・)セフィロス(10分足らずしかいなかったのに、あの存在感。出てきた瞬間にそこまでの全てを攫っていきました。良い仕事してます。さすが帝王/違)の印象がかなり強烈。
あの台詞量でああいう感情をあまり出さないキャラを、感情入れて演技するのは難しかっただろうなぁ、櫻井くんとは思いますが、それがなかなか一度見ただけでは見え辛いかなぁ。
台詞量とか、インパクトで上の三人に目が行ってしまうので。
でも、そういうことができてしまうのが、この人の幅の広さなのかなぁ(ただの櫻井好き)

そして、台詞量少ないのに、鈴がいい!!
ちょっとあの鈴、ストライクゾーンに来ました。
もっとしゃべって欲しい、あの声・・・・・・!

とりあえず、FF7をクリアした人向けのものであることは確実ですねぇ。
一応入っているFF7ダイジェストみたいなヤツ見て、いろいろと話は聞いたりしていたのですが、やっぱりわかり辛いところはわかり辛い。
かと言って、今更ちびキャラFF7をやる気にはなれず。
・・・・・・頭身高くして、PS2あたりにしてくれればやるけど(無茶です)

でも、見れば見るだけ発見がありそうな気はしてます。
明日もまた見ます。多分(笑)

posted by かつき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

FF7の底力?


アマゾン状況。


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様)

初回限定豪華パッケージ  在庫切れ(返品があったら復活するかなぁ?)


ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)

通常版 取り扱い不可(予約多すぎて、捌ききれない?)


ファイナルファンタジーVII アドベント チルドレン アドベント ピーシーズ:リミテッド

7大特典(?)入り特別版  取り扱い不可(予定数オーバーでしょう)



・・・・・・ちょっと凄い。
FF7やってないので(ちびキャラがどうにも駄目で途中で諦めた・・・)わからないんですが、凄いわー。


今、アマゾンで買えるのは唯一PSP版のみ。

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン UMD VIDEO for PSP


TSUTAYAとかはフライングがないのね。
「9/14お手渡しです」とか、張り紙してあったし。
もう一軒別のお店行ったけど、そっちも9/14渡しになってたし。

私の分は、明日にはアマゾンから届くので、楽しみです。

しかし、それだけの人が櫻井クラウドを見て聞くんだなぁ、と思うと、なんだか嬉しいような寂しいような?(苦笑)

posted by かつき at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

「恋愛トラップ」

RUBY CD コレクション 恋愛トラップ


辻井忍:鈴村健一
日高紘司:諏訪部順一
片岡遼一:置鮎龍太郎
篠原冬弥:千葉進歩  他


管理人的萌え度【★★★★☆】

続きを読む
posted by かつき at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いろいろとごてごて。


FF7AC。
もうすぐだわ〜、という今頃になって、諏訪部さんが出てることを知る。
というか、こんな直前に情報解禁ってどうなの(笑)
(ジャパンプレミアの画像に普通にいるので、何でだ?と、諏訪部さんの日記読んで知りました/笑)


そして、いつの間にか鈴の誕生日だったようで。
(すいません。基本的にイベントごとは全てスルーです。人の誕生日覚えられないので、後で知るパターンが多い)
おめでとうございます。
そんなわけで、ただいま十二国記を絶賛鑑賞中でございます(意味はない。ただ単に久々に楽俊が聞きたかっただけ)


そして更に「ときめきメモリアル Girl's Side 2nd kiss」に鈴が参戦のご様子。
「絶対買いますよねー」と、十年来の友人に先手を打たれる。

買うさ。ああ買うさ!!!

前回のときメモでは、三木さんのEVSが余りに見事で転がりましたもの。
(違和感なしで、あまりに自然に普通に呼ばれてたので。まあ、私の名前がありがちってことなんでしょうが)

まあ、その前にFF7ACですよ・・・・・・。楽しみ黒ハート
posted by かつき at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

「みずき先生危機一髪!」







阪永瑞樹:櫻井孝宏
海堂 司:森川智之
鳳来寺達郎:三木眞一郎
高木章嗣:諏訪部順一
高木優直:中田譲治 他

管理人的萌え度【★★☆☆☆】

続きを読む
posted by かつき at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

恋のトッピング






藤之宮智幸・・・福山潤 
城ヶ崎透水・・・石川英郎 
藍沢学斗・・・杉田智和
高杉宝翔・・・置鮎龍太郎 
陣内航太・・・森川智之 他


管理人萌え度【★★★★☆】

続きを読む
posted by かつき at 22:22| Comment(0) | TrackBack(1) | BLCD・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

「純情テロリスト」

昨日アレコレ書いてましたが、よくよく考えたら紀章くんはもう純情シリーズに出てました(笑)

本日、本屋で見たら、忍ちんは岸尾くんでございましたな。
ありがとうございます。
忍ちんは紀章くんか岸尾くんをお願いしたかったので(笑)
春彦にーちゃんは鳥ちゃんだし(鳥ちゃんが出てくるのは純情ロマンチカ4かな)

純情シリーズは大好きなので誰が出ても買うんですが(いや、櫻井くんがいることが確かに大きいのは大きいんですがね)好きな人ばかり参戦してくるので、もう、ちゃんと予約することにします(笑)
発売日に手元に届くように!


CD感想はお休み。
続き物のヤツとか書きたいんですが、一気にアレコレ聞きすぎて内容がごっちゃになってしまっているので、再度聞きなおしてからまた書きます・・・・・・(どれだけ聞いてるんだ)(でも、聞かなきゃいけないのは数十枚単位で積んであります・・・)

posted by かつき at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

「虜にさせるキスをしよう」

RUBY CDコレクション 虜にさせるキスをしよう


杉崎藤也 / 鈴村健一
芹沢将臣 / 諏訪部順一
神山恵美花 / 永島由子
南田 / 河本邦弘
遠山さゆり / 今井麻美
智 / 新垣樽助
チンピラ / 小野大輔
メイク / 細野雅代
スタッフ / 木川絵理子


続きを読む
posted by かつき at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

「トライアングル・ラブ・バトル 腐れ縁の法則」

ルボー・サウンド・コレクション ドラマCD トライアングル・ラブ・バトル~くされ縁の法則~


杉本哲史 / 鈴村健一
連城翼 / 遊佐浩二
市村龍平 / 野島健児
鷹司慎吾 / 千葉進歩
藤堂崇也 / 神奈延年
佐伯翔 / 保村真 他

管理人的萌え度【★★★☆☆】


続きを読む
posted by かつき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

「switch」

switch ドラマCD
switch ドラマCD



衛藤快 / 福山潤
倉林春 / 櫻井孝宏
比企真孝 / 諏訪部順一
梶山慶護 / 中井和哉
成田秋宗 / 小杉十郎太
葛井茉莉 / 浅野まゆみ
少年 / 小林早苗
親父 / かわのをとや
成宮比路 / 森川智之  他




えー・・・・・・天気予報は正しく、予測の時間になった途端、台風による暴風雨が一気に激しくなりました・・・・・・。
停電しないうちに書いてしまいます。
それでなくても感想を書きたいものはたんまりたまってるので。




関東信越厚生局麻薬取締部(長い・・・)の新人捜査官カイくんとハルくんを主軸にして話が進んで行きます。
普段は天然ぽややん、としているカイくんと、傲岸不遜なハルくんの対比が面白い。
中身の人たち(笑)曰く「凸と凹」らしいです。
二人とも新人なのに、ハルくんは非常に偉そう(笑)

他にも「麻取で唯一の常識人」課長の梶山さんとか、やわらかい物腰なのになーんか裏あるんだろうなぁ、と思わせる部長の比企さんに、 麻薬取締部薬物鑑定課の敏腕鑑定官でカイくんにベタ惚れな葛井さんとか、個性的なキャラが満載です。

麻薬取締部というだけあって、テーマ的には重いかな、と思ったんですが、ところどころに入るもの(葛井さんのカイちゃん好き〜、なところとか)でうまく中和されてるので、聞きやすいかな。

このドラマCD第一弾は2話入り。

麻薬の売人をやっている元プロボクサーの捜査に新人二人がつくことに。
元プロボクサーの息子に近づいて話を聞きだそうとしたり、息子の目の前でガサ入れをしようとするハルくんに、カイくんが息子を連れ出すから待ってくれ、と頼むのですが、とあることがきっかけでカイくんがキレて、凶悪(?)な人格出てきちゃったり。
人を殺す寸前まで行ってたカイくんをハルくんが引きとめ、どういうことかと部長に詰め寄るがにこやか〜、にかわされるわ、カイくんがその様子を覚えてなかったり。
このあたりもまた「switch」にかかっているようで。
カイくんに過去に何かあったのかな〜?

もう一話は、警察と同じ人物を追っていて、先を越され、ハルくんが怒って(沸点低め?/笑)部長に許可も取らずにカイくんに女装させて囮捜査をする、っていう内容。

すみません。
あらすじ苦手です・・・・・・。

個人的に、諏訪部さんのこういう物腰柔らか〜、な声を聞くのが初だったので、ちょっとときめきました(笑)
葛井さんの「カイちゃん!」の気持ちもわかる・・・・・・(笑)
ハルくんの中身の人(笑)の「こういうやついたら嫌い」発言もわかる(笑)

重すぎず、かといって軽すぎず、聞きやすいと思います。
なんと言っても、声優陣豪華ですしね。
人を小ばかにした櫻井くんの声も好き(というか、櫻井孝宏声は全てにおいて「スキ!」と言い切っているので、私のこの言葉にはあまり真実味はないかもしれません/笑)

そしておまけのフリートーク長っ!(笑)
20分近くあったんじゃないかなぁ?

アニメイトTVでは福山・櫻井・諏訪部・中井のメインキャスト4名の動画見られます。
面白い(笑)

こちら。


posted by かつき at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマCD感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

ヴェネツィア動画

出てきましたねぇ。
しかし、公式サイトというのは・・・・・・英語版、重いんだよう。

photcall

感想としては、あんなもんかな、と。
今まで、ハリウッドスタアな人たちのこなれた笑顔やら、共演した女優さんに対する手馴れたエスコート具合(肩や腰を抱いたり、キスや内緒話するのは当たり前)を標準として見ていたおかげか、最初は「こう、国際舞台なんですから、もうちょっと伊藤さんをエスコートしたほうがいいですよ、孝宏さん」とか思ってましたが、それでこなれててもイヤなので(笑)日本男児的にはあれくらいで良く頑張った、というべきかしら、とか。

何言われてるかわかんなくて、それでも聞き取ろうという姿勢に好感度アップ。
まあ、言葉の壁が一番大きいのかなーと思いつつ「こっち見て!」くらいしか言ってないので、ただ単にあちこちから声がかかって戸惑ってた、って感じなのかな?


レッドカーペット

あの、所在なさげな感じがなんとも・・・・・・。
ええ、まったくもう、エスコートなんてレベルじゃなかったですから、孝宏さん。
まあ、こなれててもイヤなので(以下略)
サインしている孝宏さんと伊藤さんの後ろの野村氏が、こう「見守る父」的でなんだかほほえましかったんですが(笑)


コンペ外でアニメで、実際にスクリーンに姿が映っているわけではない、ということを考えれば、あんなものかなー、とは思います。
レッドカーペット上であんなに静かなのは、やっぱり↑の状況だったからでしょう。


でも、動画見られて嬉しかったなー。




個人サイトさんなのかな?画像あり。
最初のほうは、これを書いた方のベニスレポートな感じなので、頑張って下のほうまでスクロール。
この方のお目当ては野村氏で「Nomura and the others」と書かれているよ・・・・・・。
伊藤さんと野村氏にサインもらってご満悦のご様子。
いや、主役は!?(苦笑)


かなり下のほうの画像・野村氏の後ろーの方に、微かに孝宏さんがいます(笑)
かーなり背景と同化してますが。
ただし、そこまでにかなりネタバレしてるので(英語サイトなので読もうと思わなきゃはっきりした内容まではわからないと思いますが、キャプチャは大量です)ネタバレはイヤ、な方はお気をつけを。
ま、そんなにたいした物ではないと思いますが。

ここ。


posted by かつき at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。